ちえりあ学習ボランティア
  Chieria Gakusyu Volunteer
 班活動  よくある質問  BLOG   アクセス 
社会・環境班
 

 私達が社会で直面している興味ある出来事や
自然や生活などの環境において直面している出来事を
講座の企画に取り上げています。

過去の開講講座
    あなたのスマホの悩みに応えます
  〜シニアのためのスマホ活用術〜


 
この講座ではスマホの基本的な設定・使い方から便利機能まで実際に体験しながら学ぶことが出来た。講師と補助講師2名が随時質問に答えるなど、疑問点をすぐに解決できて受講生に大変好評だった。
再度の開講を望む声もあり、受講生にも実施班員にも満足できる講座だった。

  【平成31年2月開講

 
   なまらいいっしょ!北海道弁
  〜「ゴミなげて」はどこの方言?〜


 
北海道方言は、東北地方から来た漁民による海岸方言が基礎となり、明治期に全国各地から移住してきた屯田兵や開拓民による内陸方言との接触・交流により北海道地域における共通語として形成されたことを学びました。普段何気なく使っている言葉が北海道弁であることや、道外他県の方言に似ていること、道内でも地域により分からない方言があるなど、とても興味深い内容でした。
  【平成30年10月開講
 
    人口減少!札幌の未来の姿は
  〜私の地域と暮らしはこう変わる〜
 この講座では、人口減少そのものが問題なのではなく、少子高齢化
により人口ピラミッドの形が崩れ、世代間扶養のバランスが崩れるこ

とが問題であることを学びました。
 これからは、社会保障システムを高齢者扶養から若年扶養にシフトさせる必要があることや、元気な高齢者は社会の支え手としての役割を担う必要があるとの話が印象的でした。
  【平成30年7月開講

 
   未来につながる北海道の食材
  〜知ろう!北の風土が生む食の魅力〜


 
北海道の特色を持った農林水産業から魅力ある食材を開発し、地 道な研究と努力によって成功している例がいくつもあることが認識 できた講座でした。今回は、鮭節、食用油、乳製品、ワインを取り 上げましたが、どんな素材を取り上げるかでも受講者の関心が分か れるところです。また、北海道農業の歴史自体に関心をもっていた 受講者も多かったです。やはり食材は、試食したり現物を味わうこ とが大切だと思いました。
  【平成30年2月開講
 

 
    開拓の礎となった大友堀と札幌黄
  〜大友亀太郎と札幌村開拓〜


 
二宮尊徳と大友亀太郎の関係や、幕末に造られた大友掘により札 幌農業の基礎が作られたこと、明治初期の開拓使が大友掘を基準に 札幌の街づくりをすすめたことなど札幌発展の原点を学ぶ貴重な講 座でした。受講者もそのことに関心を持ち、現存の遺構などから多 くのことを学びました。
  【平成29年11月開講
  

 
     歩く・見る・遊ぶ! 札幌再発見
  〜自分の楽しみ見つけよう〜


 
札幌のまちの発展は、本州の城下町や交易のまちの発展と違い、 ほとんど手つかずの原野から幕府と明治の開拓使により開拓されて 発展してきて、とても特徴があることが年代別古地図によく分かり ました。古地図片手にまちを歩くと楽しみをいくつも見いだし、あ まりお金をかけずに人生を豊かにする講座でした。
  【平成29年5月開講

 
    知りたい いまの終活あれこれ
  〜自分らしい最期を迎えるために〜


 少子高齢化が進み、葬儀の形が多様化していっている状況を知る ことができた。葬儀や埋葬については、既成概念が幅をきかせかつ 法的な制約はあるものの、送る側の心の問題でかなり自由に行うこ とができることがわかった。グリーフワークやグリーフケアの大切 さも理解できた。
  【平成29年2月開講  

 
トップちえボラとは?|班活動|よくある質問活動情報アクセス
このページのトップに戻る
   ちえりあ学習ボランティア
(公財)札幌市生涯学習振興財団 札幌市生涯学習センター事業課内
 〒063−0051 札幌市西区宮の沢1条1丁目1―10
 電話 011−671−2311 / FAX 011−671−2334
Copyright Chieria Gakusyu Volunteer. All right reserved.
inserted by FC2 system