ちえりあ学習ボランティア
  Chieria Gakusyu Volunteer
ちえボラとは?  班活動  よくある質問  BLOG   アクセス 
社会・環境班
 
  アート班では、札幌市民一人ひとりが、文学、音楽、美術、芸術などへの理解を高めることを目的とした講座を企画しています
過去の開講講座
   今も生き続ける北海道の民話
 〜ゆかりの地からのメッセージ〜

 北海道の民話研究の第一人者を講師に迎えることが出来、貴重な話を聞くことが出来ました。熱心な受講者が多く、毎回質問がたくさん出ました。また講座終了後に、受講者の呼びかけにより「北海道の民話を楽しむ会」を立ち上げたと報告がありました。受講者にとって実りの多い講座であったと思われました。

【平成30年7 月開講】
 
        世界の歌めぐり
 〜懐かしい愛唱歌を歌う〜

 笑い声と笑顔が絶えない講座で、楽しく歌いそして学ぶことが出来ました。チラシ等も早めに出来上がり班員で努力した結果、受講生も順調に集まりました。
また、再開講を望む受講生も多く盛況の内に講座を無事終了する事が出来ました。

【平成30年5月開講】

 
   貴婦人が愛した紅茶の美学
 〜歴史・文化から〜 
  かつて東洋から西洋へと渡ったお茶は、王侯貴族や貴婦人達によって、茶道具と共に優雅なサロン文化として花開きました。
 この講座では、休憩時間等に受講者同士が会話をして和やかな雰囲気でした。紅茶の歴史・文化への理解が深まり、紅茶の楽しみ方、紅茶のもてなし方を学ぶことが出来ました。


【平成30年2月開講】
 
 

 木田金次郎としりべしの画家たち
 〜故郷に足跡を残して〜

 この講座では、4人の講師がそれぞれのアプローチの仕方で、現在故郷の地に美術館のある三人の画家たちの思いをたどりながら作品を味わい、絵画への理解が深まりました。受講者の人数は少なめでしたが熱心な方が多く、アンケートによれば、各回とも期待以上という評価でした。


【平成29年10月開講】
   

 
   

初めての川柳
 〜五七五で生活に潤いを〜

 川柳とは何か、から歴史までとても良く理解できました。
講座に参加して初めて詠んだ川柳の添削を聞いて、このように直すとよくなるというのが理解できたようでした。回を重ねるたびに、受講者が詠んだ川柳が味わい深くなっていて、上達が伺われました。


【平成29年5月開講】
 
   

 歌いましょう!思い出の歌を
 〜学校で習った歌を、あの頃を想い〜

 この講座では、学校で習った童謡,唱歌、歌曲などは、私たちの心に深く残っていて、日々の暮らしの中で大きなちからになっています。慣れ親しんだ歌の誕生や歴史を学び、歌詞の理解を深めました。
ギター伴奏やピアノ伴奏でも楽しく歌いました。


【平成29年1月開講】
 
トップちえボラとは?|班活動|よくある質問活動情報アクセス
このページのトップに戻る
 ちえりあ学習ボランティア
 (公財)札幌市生涯学習振興財団 札幌市生涯学習センター事業課内
  〒063−0051 札幌市西区宮の沢1条1丁目1―10
 電話 011−671−2311 / FAX 011−671−2334
Copyright Chieria Gakusyu Volunteer. All right reserved.
inserted by FC2 system